いい眠りで肌美人になれる?

睡眠不足がたたってお肌の調子が悪い・・・というのは、よく聞く話です。睡眠不足と美容の関係、女性ならやっぱり気になりますよね。一般的に、肌を美しく保つためには、夜10時から12時までに眠るのが良いといわれています。

私たちの体が活動している日中は、血液もエネルギーもほとんどが筋肉や脳のほうへ向かいます。そして、夜になると体が次第に休息状態になり、睡眠に入ると皮膚を流れる血液の量が増えます。同時に、日中とは違うホルモン(成長ホルモン)が分泌され、これが細胞に栄養を与えて成長や増殖をさせ、傷ついた部分を修復させるように働きます。

本来、夜10時というのは、私たちの自然な生活のリズムにおいて、深い眠りに入るために適した時間です。この時間帯に、深い眠りにスムーズに入ることができると、細胞の修復作業も活発に行われるので、美しい肌を取り戻すことができ、また、健康な生活を送ることができます。

成長ホルモンによる肌の新陳代謝が最も活発に行われる時間は夜10時〜深夜2時と考えられ、この4時間が肌のゴールデンタイムといわれてきました。これは、肌の再生を促す成長ホルモンが分泌されやすい時間帯である、ということです。そして、成長ホルモンの分泌のために、ゴールデンタイムの間にしっかり睡眠をとることが重要だとされてきました。

しかし、現代の生活では、夜10時という時間に眠りにつくというのは、なかなか難しい話ではないでしょうか。

ただ最近では、この肌のゴールデンタイムに異論を唱える専門家も増えているようです。今はむしろ、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後の3〜4時間であって、特定の時間帯に限定されていないという説があります。

重要なのは、眠りについてから3〜4時間に質の良い睡眠をしっかりとることだと考えられます。また入眠直後の時間帯に熟睡することが、成長ホルモンの分泌量に影響するようです。私たちは、体温が低下してきた時に眠くなるので、そのための入浴などがおすすめです。

夜10時に眠りについているのは難しいことですが、美しい肌と健康のために、せめて日付が変わる前に布団に入ることが理想です。

また、メイクを落とさずについ朝まで眠ってしまう、なんてことは絶対にやめましょう。これでは肌は大きなダメージを受けます。どんなに疲れていても、メイクはきちんと落としてから眠りましょう。そして、男性も油断をしてはいけません。きちんと洗顔して、一日の汚れを落としてから眠るようにしましょう。

1件のコメント

コメントは停止中です。