眠る前に音楽を聞く

スッキリ目覚めるための儀式をおこなうのページでも紹介したように、音楽で目覚めるのが効果的なら、音楽で眠るのも効果的です。

そもそも音楽は、私たちが聞くことで気持ちを安定させたり豊かにさせたりできるので、精神療法にも使われています。

しかし、ある人にとってはとても心を癒やしてくれる音であったとしても、別のある人にとっては騒音としか聞こえない、ということもあります。

近年では、波の音や小鳥のさえずりなどが入ったCDアルバムが、リラクゼーションのためのBGMとして販売されています。このような自然の音や子供の頃から親しんでいた音に安らぎを感じる人が増えているようです。特に人工的な都会で生活する人々には、こういった音が必要なのかもしれません。

私たちの脳は、心の状態によって異なる脳波を出します。緊張しているときにはβ(ベータ)波、そしてリラックスしているときにはα(アルファ)波が出ています。

眠るためにはリラックスした状態でないとダメなわけですから、アルファ波を出すような環境、リラックスできる環境をつくってやればいいのです。

先にも述べたように、リラックスできる環境(音)というのは人それぞれ違いはありますが、選ぶ音楽よってはリラックスできる環境をつくることが可能であり、眠りは自然に訪れます。心を安らかにする音楽を聞くことによって、快眠へと導かれるのです。

自然音のほかには、モーツァルトやバッハといったクラシック音楽、話題のヘミシンクなどもありますが、いずれにしても、ゆるやかなメロディーの音楽がおすすめです。ただ、あまりにも好みの音楽を聞くと、かえって興奮してしまい、眠れなくなる可能性もあるので注意しましょう。

おすすめなのは、

究極の眠れるCD 不眠解消をサポート:心地よい音楽で快眠を
http://agreeable-music.com/article/42986842.html

です。
「究極の眠れるCD」は、不眠の悩みを解消したい…という人のために、専門家の方たちによって製作された快眠CDです。
一般のモニター調査では、多くの人から「よく眠れた」、「目覚めも快適だった」というデータが得られたそうです。

1件のコメント

コメントは停止中です。