賢い目覚め方」カテゴリーアーカイブ

睡眠リズムを利用してスッキリ目覚める

休日も決まった時間に起きる

平日は仕事や学校があるためその時間に合わせて起きていた人が、土曜・日曜になると朝寝坊して、昼頃やっと起きるということは、よくあることだと思います。いつも頑張っているのだから、せめて休みの日ぐらいはゆっくり寝ていたい、という気持ちはよくわかります。でも、これで一週間分の疲れがとれているわけではないのです。

私たちの健康や活力というのは、規則正しい生活習慣によって作り出されます。毎日規則正しく睡眠をとることは、とても大切です。決まった時間に寝て決まった時間に起きる、これこそが、健康的な睡眠の基本となります。睡眠には一定のリズムがあるので、それが乱れると、寝つきにくかったり寝起きが悪かったりと、睡眠障害を起こしてしまうこともあります。

しかし現代人が規則正しい生活習慣を維持していくことは難しいでしょう。仕事やおつき合い、遊びに忙しく、就寝時間は特に不規則になりがちです。ですから、せめて起床時間は変えないでおきたいところです。一日の活動開始のリズムを体に覚えさせるのです。

スッキリ目覚めるにはレム睡眠で起きる

睡眠時間が長くても起きたときに頭がぼんやりしていて気分が悪い、逆に、あまり眠っていないにもかかわらず頭がスッキリしていて気分が良い、こんな経験があると思います。

この違いは、ノンレム睡眠のときに目覚めているか、レム睡眠のときに目覚めているか、です。一晩の眠りは90分周期のリズムで、眠りの浅いレム睡眠と眠りの深いノンレム睡眠を繰り返しています。脳にとって、浅い睡眠であるレム睡眠のときに起きることができれば、スッキリ目覚められるのです。

太陽の光で眠りのリズムを取り戻す

太陽には強力な覚醒作用があります。太陽の光を全身に浴びると脳が目覚め、すがすがしい気分になります。この太陽の覚醒効果を利用し、睡眠障害のある人の睡眠リズムを回復させる『光療法』という治療が、実際の医療現場で行われているほどです。この療法の場合は人工の光線を患者に一定時間当てるというものですが、これが本物の太陽光線なら、自分で簡単に睡眠のリズムを取り戻すことができるのです。

朝起きたら、思いっきり部屋のカーテンを開けて、太陽の光を全身に浴びましょう。そして深呼吸をして、「さぁ朝が来たぞ」と声に出して言ってみましょう。

テンピュールの枕

スッキリ目覚めるための儀式をおこなう

スッキリ目覚めるために、起床してから毎朝必ずしていることはあるでしょうか?自分が「気持ちよく眠れたな」と思えるかどうかは、目覚めた時の気分で決まります。たとえ睡眠時間が短かったとしても、スッキリ爽やかに起きることができれば一日を気持ちよくスタートできます。そこで大事なのが、スッキリと目覚めるための儀式を行うことです。儀式といっても、そう難しく考えることはありません。例えば、起きたら好みのお茶を飲むとか、元気良く「おはよう」と挨拶するとか、ちょっとした事でいいのです。目覚めに気持ちよく言葉を発することで脳が活発に動くようになり、覚醒を促します。

目覚ましの音で心地よい朝を迎える

健康のためには規則正しい睡眠をとること、起きる時間を一定にすることが大切です。決まった時間に起床するためには、多くの人が目覚まし時計を利用していることでしょう。ひとつでは足らず、いくつも並べて使っている人もいるかもしれません。毎朝とても大事な仕事をしてくれているこの目覚まし時計は頼もしい助っ人のはずなのですが、これに対し敵意に似たような感じを持ちながら使っている人もいるのでは?

近年では目覚まし時計も多種多様です。昔ながらの金属音のベルのものやピピピッという電子音のもの、「おはよう」と声で起こしてくれるものなどいろいろありますが、機械的な時計の音はどうも嫌いだという人は、タイマーをセットしておいてステレオなどで自分の好きな音楽をかけるのもいいでしょう。最近は専用の音楽CDも販売されていますが、徐々に盛り上がってくるクラシック音楽のようなものがおすすめです。

朝のシャワーでシャキッとする

眠りは自律神経の働きによるものなので、自律神経の働きを良くするシャワーには目覚めの効果が期待できます。シャワーを使って皮膚に適度に刺激を与えることで自律神経を復調させ、ストレスに強い体をつくることもできます。そこで、モーニングシャワーの上手な浴び方を紹介します。

モーニングシャワーで大事なのは、まず、お湯を熱めにするということです。体をシャキッとさせるためですから、自律神経のうちの交感神経を刺激するには、ぬるま湯では逆効果です。そして水流は、マッサージ効果があるぐらい強いほうが目覚めには効果的です。それからシャワーを浴びる時間も大事です。熱いお湯を長く体にかけていると、交感神経が活発になりすぎて、ストレス状態になってしまいます。以上のことから、朝のシャワーは熱いお湯で短時間で浴びるのがポイントとなります。