快眠のコツ」カテゴリーアーカイブ

睡眠薬について

睡眠薬を服用するなら医師と相談するのが良い

慢性的に不眠感を抱いている人は、たまにはぐっすり眠ってみたい、と思っていることでしょう。そこで、つい、手を出したくなるものというと、アルコール、そして睡眠薬(睡眠改善薬)です。どちらもお店で簡単に手に入れることができるものです。気分も良くなるので、お酒を飲んでから眠るという人も多いかと思います。

薬といえば副作用が気になるところですが、新しい睡眠薬については、昔のものよりも比較的副作用が少なくなってきているようです。といっても、やはり薬には違いないので、使い方には注意しなければなりません。高齢者の場合は薬の分解能力が弱くなっているので、若い人と比べると副作用が強く出る可能性があります。認知症のような症状を引き起こすことも考えられますので、必ず医師に相談しましょう。

眠れない日が何日もずっと続くようであれば、自己判断で薬を購入するよりも、心療内科や精神神経科といった睡眠の専門家である医師の指導を受け薬を服用するのが良いでしょう。そのほうが、それなりの効果が期待できます。

絶対に避けなければいけないのは、睡眠薬とアルコールを併用することです。どちらも脳の活動を抑えるという同じような作用があり、睡眠薬をアルコールと併用することで薬の効果や副作用が強くあらわれます。

睡眠薬の副作用について詳しくは、こちら。

漢方薬の睡眠効果

睡眠薬(西洋医学の薬)を服用しての眠りは、脳に働きかけて眠りを促すというもので人間本来の自然な眠りではありません。これに対し、漢方薬は自然な眠りを妨げている原因を取り除き、その結果として不眠を改善していく、というものです。

漢方薬というのは、もともと西洋医学の薬と違い、ひとつの症状に効くように配合されたものではなく、体調を整え自然の治癒力を高めることを目的として用いられるので、その人の体質によって処方が異なります。
生薬といわれるように、原料となっているのは自然の植物などから抽出したものであり、比較的副作用が少ないといわれています。ただ、作用が穏やかなので改善されるのに時間がかかり、薬を長期間服用することが必要になります。

長い時間をかけ病状のもとになっているものを取り除いていく、つまり体質を改善して、不眠症も改善するというのが特徴です。こうしたことから、漢方薬が自然に近い眠りをもたらしてくれる可能性は期待できます。

眠る前にすると良いこと

イメージトレーニングをして眠る

イメージトレーニングというのは、物事が成功するイメージ、プラスのイメージを頭で想像して暗示をかけ、実際にも自分を成功へと導くという方法です。スポーツ選手などは、このイメージトレーニングをよく活用するといわれています。

イメージトレーニングは、入眠にも使えます。生活している中でイヤなことやつらいこと、面倒だなぁと思うことがある時などは、ふとんに入る前にトレーニングして、頭の中をプラスのイメージでいっぱいにしましょう。
良いイメージを思い浮かべると、それに合った神経回路を使う状態が頭の中で再現されることになり、これを繰り返していると実際に何か行動をしようとした場合にも、やる気や元気がわき、プラスのイメージの神経回路が働くようになってきます。

眠るときには、『気持ちいい』『あたたかい』『眠い』といった言葉や光景を思い描きます。プラスのイメージを持つことで、眠り上手に近づくのです。

ぬるめのお風呂に入る

疲れたり忙しかったりすると、お風呂につかってゆっくりしたいと思うことがあるでしょう。入浴がリラックスした気分をもたらしてくれたり、ストレスを緩和させてくれることは、脳生理学でも明確にされています。

人間の体は、体温が下がっていく時に自然と眠りが訪れます。お風呂に入って体が温まると当然体温は上がるわけですが、お風呂を出ると再び下がり始めます。これは、体温の変動によって自然に眠りに誘われるということですから、ぜひ、入眠に活用したいものです。

体や心の疲れを癒やし緊張をほぐしてくれる入浴ですが、最近ではさまざまな入浴剤があるので、こういったものを利用すればさらに効果的です。

気をつけなければならないのは、お湯の温度。就寝前は、ぬるめのお湯につかること。39℃くらいのぬるめのお湯に、20分くらいつかって、ゆっくりと体を温めるのが良いです。熱いお湯に入ると心臓に負担がかかるし、出た後には体温調節のために血管が収縮したり、筋肉が緊張したりと、リラックスには逆効果です。

時間にとらわれないで眠る

8時間眠らなくてもよし

一日に何時間眠ればいいのか?自分の睡眠時間は足りているのか?そんなふうに気にしている人もいるかと思います。睡眠に対する考え方には人によってもちろん違いがあり、睡眠は生きていく上で一番大切なものと考えている人もいれば、眠ることで時間がけずられるのはもったいないと考える人もいるでしょう。これは価値観の問題であって、どちらが正しいのか、間違いなのかとは言い切れません。

一般的に8時間くらいの睡眠時間が必要という固定観念もあるようですが、それは誰にでも当てはまるものではないのです。成長ざかりの子供はしっかり眠ることが大事ですが、大人の場合は生活スタイルがあるので、自分に必要な睡眠時間を経験的に割り出していくのがいいかもしれません。

睡眠不足だという思いがさらに眠りを妨げる

寝つきが悪い、よく眠れない、朝の寝起きがだるい・・・など、ストレス社会といわれる現代に生きる人は、多かれ少なかれ不眠感をもっているかもしれません。確かに現代社会はストレス因子が多く、睡眠にとって良い環境とはいえませんが、問題はそれだけではありません。ある程度の時間眠っているにもかかわらず、自分が睡眠不足だと思い込んでいる人が増えているようです。

例えば、心配ごとがあって2~3日眠れなかったとして、眠りたいのに眠れない、早く寝ないと明日に響く、こういったことばかりを必要以上に気にしてしまい、かえって熟睡できなくなっています。このように睡眠に満足していないこと自体が眠りの妨げとなっているのです。

眠り過ぎで疲れる

睡眠が不足し過ぎると頭がぼーっとして仕事や勉強がはかどりませんが、かといって、眠れば眠るほど頭がスッキリするのかというと、そうでもありません。睡眠不足がいろいろな悪影響を及ぼすことはよく知られていますが、睡眠のとり過ぎもあまり良くないのです。

一般的には、働きざかりの人の場合、8時間以上眠るとかえって疲れが出るといわれています。これは、いわゆる寝疲れというもので、だらだら眠っていることで目覚めの仕組みがうまく働かなくなります。ロングスリーパーといわれる人は浅い眠りを延長しているのであって、実際はどれだけ長く眠っても、深い睡眠の量はそれほど変わりがないのです。ですから、例えば毎日10時間眠っていれば不眠感が解消されるのでは、というふうに思うのは正しくはありません。