脳波から見た、 入眠〜起床のベストパターン

レム睡眠とノンレム睡眠は90分サイクル

「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」。もう知らない人はいないというくらい、知名度の高い言葉かもしれませんが、ここで簡単に解説しておきましょう。

「レム睡眠」の「レム(REM)」は、急速眼球運動の略語です。睡眠中、目がキョロキョロ素早く動いている状態で、筋肉の緊張はまったくありません。
したがって、レム睡眠中に間違って目が覚めてしまうと、からだはまったくいうことをきかない「金縛り」になります。

「ノンレム睡眠」は、その名のとおり、レム睡眠以外の睡眠状態のことです。睡眠の深さが軽い軽睡眠から、どっぷり深い深睡眠まで、ノンレム睡眠に含まれます。
「ノンレム睡眠」「レム睡眠」という言葉が知られるようになってきたのは、書店にたくさん並んでいる脳科学本や、テレビやネットの健康系コンテンツのおかげだと思います。

ためになる本も多い反面、その中にはいくつか「あやしい知識」「以前はそう考えられていたが、最新の研究ではちょっと違ってるよ」というものもあります。その中のひとつ、「睡眠90分サイクル説」について考えてみましょう。

「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」は交互に現われ、だいたい90分のサイクルで繰り返されるといわれています。この事実はかなり専門的な知識と思い込んでいたのですが、最近あるビジネス書に面白い記事を見つけました。「睡眠時間を90分の倍数になるよう心がけている」、「睡眠時間が90分の倍数になるようにアラームの設定をしている」、という内容です。

おそらく深い睡眠中にアラームが鳴ってたたき起こされ、頭がしばらくボーッとする現象を避けたいという、合理的な考えによるものだと思います。

ひとはそんなに正確なサイクルで眠ることはできない

結論からいうと、このノンレム、レム睡眠サイクルがきっちリ90分間隔で進むことは、ありえないといっていいくらい可能性が低い現象です。

健康な状態のひとや精神障害のかたの睡眠脳波を、実際に検査して時間をかけて解析してきているわたしがいうのだから、間違いありません。具体的に検証してみましょう。まずおおよその睡眠時聞から考えてみます。7時間前後の睡眠が一般向けベスト睡眠時間とすると、90分サイクル説に基づけば、90分×5=450分( =7.5時間)が妥当な睡眠時間となります。

次に寝付くまでの時間です。ベッドに入って電気を消して、寝付くのにどれくらいの時間がかかっていますか?
意外に答えられないひとが多いのですが、23時に電気オフとして、寝付くのにたとえば10分かかったとしましょう。23時10分から7時間半の睡眠をとったとすると、起床時間は6時40分。

この時間にアラームセット!が理想です。ただし、机上の仮説どおりにならないのは、ビジネスも臨床現場も夜の睡眠も同じです。

まず寝付くまでの時間は、正確には把握できないことが多いもの。寝付くまでの時間が10分ずれても、サイクルは異なってきます。しかも睡眠の深さも一定のサイクルで変動するわけではなく、深いノンレム睡眠は睡眠前半に、レム睡眠は目覚め前の夜明けに多くなるなど、特定のパターンがあります。さらに夜中のトイレ、パートナーのいびき・歯ぎしり、朝の日差しの差し具合などなど、睡眠には予定外のアクシデントが案外影響してくるものです。

大学の講義の時間も90分、テレビのドキュメンタリーも約90分。90分が人間の生活リズムの区切り、とはいえるかもしれません。90 分に近いことは事実ですが、きっちり90分ということはありえない話です。

人間は、朝は何も考えずとも、レム睡眠と軽睡眠の時間が多くなっていて、起床する準備が自然に整うようにできているのです。

正しい睡眠リズムが安定した睡眠につながる