朝、目が覚めたときに寝た気がしない、疲れがとれていない時は

睡眠不足ではないはずなのに眠い

「朝起きても、疲れが取れていない」「寝たつもりなのに、ぐっすり眠れた気がしない」現代人によく聞く悩みです。まったく眠れていないのならば納得はいくけれども、そこそこ眠れているのに疲れが取れないのは、腑に落ちないという心理もあるのでしょう。

思いつく可能性としては、「ぐっすり眠れていないからでは? 」と、自分の睡眠を疑りたくなる気持ちも、わかります。夜の睡眠時間が短くなれば、日中の眠気が強まります。日中の眠気がひどくなれば疲れるのは当然のことに思えます。

しかし、ここにトリックがあります。2013年に入って、睡眠時間と疲労には相関関係がないという衝撃的な結果が発表されました。
スウェーデン・ストックホルム大学ストレス研究所のグループが60000人の睡眠パターンを調査した結果、夜間の睡眠時間は、日中の元気な活動を決める重要国子ではないというのです。

まだ学術論文としては出版されていないので、評価は慎重にすべきでしょう。ただ、この研究結果から確実にわかるのは、人間の睡眠時間には個人差があるということです。

よくいわれる「7時間睡眠」が、絶対標準ではないのです。人間の睡眠時間には、遺伝子の関与があるとされています。年齢や健康状態、そのひとの置かれている社会的状況によっても、変化してきます。ハイテンションでノッているならば、睡眠時間は短くても元気でしょう。逆にストレスフルな仕事でうつうつとしていれば、いくら寝ても疲れは取れないのも仕方がないでしょう。

この結果は、実際の方の声と照らし合わせても、納得がいくものです。仕事がつらく、朝、こころもからだも重くて仕方がないという抑うつ状態のひとは、休日に丸1日寝ていても疲れがまったく取れないといいます。

「寝ても寝ても眠くてだるい」と、半日寝ていても眠気とだるさを訴える過眠タイプのうつ病のひともいます。

睡眠時間だけにとらわれず、日中の行動パターンを見直すことも大事

長い睡眠を取れば取るほど、疲れが取れて活動的になるというわけでは、どうやらないようです。ただし、短か過ぎる睡眠時間が続けぼ健康を害する可能性が高まることは、数多くの研究結果からはっきりしています。

各人に必要十分な睡眠時間は、個人差があって一般的な平均値は存在しない人間の調子は異なります。あきらかに睡眠不足の場合以外は、睡眠時間だけに神経質にこだわり過ぎるのは、かえって疲れることのような気がします。

「朝起きても、疲れが取れていない…」という悩みは、早めに寝て睡眠時間を増やすだけでは解決できないかもしれないのです。それならば、夜早く渡ることや睡眠時間を増やすことだけをピンポイントで考えず、昼間の時間にできる運動や食事などの習作を見直してみたり、日々のストレスを軽減するべく気分転換を心がけるなど、日常生活を少しずつ、かつ幅広く改善していくことが必要でしょう。

長年続けてきた生活スタイルを急に変えることは難しいかもしれませんが、もしあなたが「睡眠時間さえ長ければ疲れが取れるはず」と思っておられるなら、疲労は睡眠だけと関係しているわけではないということは、知っておいてもいいのではないでしょうか。
睡眠不足はもちろんNGですが、「よい睡眠」のためにできることは、時間の確保以外にも実はたくさんあるのです。

大麦パワーでぐっすり快眠できる「快眠ぐっすり酵素」セロトアルファを飲むだけで熟睡できる!

働き盛りの30~50代が眠りに関するトラブルが多く悩みを抱えている

若い頃のように快眠できないのは?

「学生時代や新入社員のころはよく眠れたのに、今は途中で夜中に目が覚めたりして…」とうのはよく言われることです。

「どうすれば、ぐっすり眠ったな、と思えるような熟睡ができるようになるのでしょうか?実際、

こういう悩みを抱えている働き盛りの年代の方は、結構多いのではないでしょうか。

だいたい30歳半ばあたりから、自分の「眠り」について自信がなくなり、睡眠への関心が強くなるひとが増えてくるのが特徴です。

「昔はベッドに入ったらあっという間に漣入っていたのに、今はなかなか眠れない」「7時間くらいは寝ているのに、起きるのがつらい」「以前のようにシャキッと起きられない」「日中もなんだかぽんやりしてしまい、集中力が落ちている気がする」

こうした悩みは、実は、ごくごく自然な悩みといえます。なぜなら、ぐっすり眠れていた子ども時代や20代のころと40代前後では、睡眠の質やパターンが変わってくるからです。

加齢により睡眠の質がかわってくる

年齢によって、睡眠パターンは変化します。赤ちゃんから6~7歳どろまでは、夜も寝るけれど昼寝もするという、「多相性睡眠」というパターンです。

次に10歳を超えてくると睡眠は夜だけの「単相性睡眠」になります。青年期・壮年期は単相性睡眠ですが、還暦を過ぎて高齢者になってくると、再び「多相性睡眠」になってきます。

では、睡眠パターンに関しては、老人になると完全に子ども返りをしてしまうのでしょうか。そういうわけではありません。むしろ年を取ると、子どものようにぐっすり眠るのは難しくなります。子どもは昼間のうちは元気に遊んでいますが、お年寄りは日中でも刺激がないと、すぐに眠くなってしまいます。

病院での脳波検査は暗くて静かな部屋で行うのですが、お年寄りの場合はたいていすぐに寝入ってしまいます。そして、少しの音ですぐに目が覚めてしまhます。

また、睡眠リズムが早まり、早寝早起きパターンになってきます。お年を取ると早起きになるのは、加齢によって睡眠も変化するからなのです。
からだの老化も、夜の睡眠に影響します。たとえば夜中のトイレ。夜寝ているあいだは、尿の生産を少なくするホルモンが働いています。
このホルモンは年を取ると分泌が悪くなります。夜中にトイレに行く回数が増えるのは、このホルモン変動の老化も原因です。さらに高齢になると、腎機能低下、男性ならば前立腺肥大症の問題も生じてきます。

高齢のかたのケースばかりをお話ししましたが、こうした変化が40歳前後から、少しずつ起きてくるのです。40歳前後から自分の睡眠に自信がなくなってくるかたが多いのは、40歳といぅ年齢が、男性ならば仕事にいちばん脂ののっているころであること、女性ならば仕事はもちろん、家事、育児などで多忙な毎日を送るかたが多く、「若いころに比べてムリできないな」と感じる年齢だからなのでしょう。

睡眠の質が高くなればアンチエイジングも可能

年を取ることで睡眠がどう変化するかをまとめると、次のようになります。

  1. 寝付くのに時間がかかってしまう
  2. ベッドに入っている時間のうち、実際に眠っている時間が減る(睡眠効率が悪くなる)
  3. 除波睡眠と呼ばれる深い眠りが減ってしまい、浅い睡眠が多くなる
  4. レム睡眠が短くなる

「徐波睡眠」や「レム睡眠」などにの変化が、30歳代後半から40歳代になるかならないかのころからチラホラと出てくきます。
しかし、睡眠も年を取るという事実を知っていれば、あわてることはありません。加齢によって睡眠相が前進し、早起きになってくる傾向があるのは間違いないので、生活を朝型にシフトするのも有効です。

また、短時間の昼寝や睡眠環境・寝具の改善によって、「睡眠のアンチ・エイジング」をすればいいのです。体力や集中力が年とともに衰えることについては、一般的に受け入れられていますが、睡眠の老化についてはあまり知られていません。

「年を取ると寝ることまでダメになってしまうのか?」などとこぼさずに、変化をポジティヴに捉えましょう。朝型人間にチェンジするチャンス、昼寝がしやすくなる、寝具のグレードアップを楽しむ、などなど。からだの変化とうまくつきあっていくのも、人生を豊かにするうえで大切なスキルだと思います。

快眠ぐっすり酵素「セロトアルファ」で睡眠薬が不要に

テンピュール枕で快眠(オリジナルネックピロー、ミレニアムネックピロー、オンブラシオピロー、ソナタピロー、シンフォニーピロー)

本格的に暑い夏の到来で、ゆっくり、ぐっすり心地良い睡眠を得られていない人が多いと思います。眠れない原因は人それぞれですが、加齢や運動不足、ストレスによる体内のめぐりの悪化が原因のことが多く、さらに原因が複合的に重なっている人も増えています。そして、問題なのはその原因を特定することがとても難しく、眠れない本人ですら原因がわからないことが多いのです。

ストレスが多い(自分では自覚していない場合も)ために眠れないだけではなく、だるい、ふらつく、倦怠感などなんとなく不快な症状があります。これは、眠れない時にあらわれる体の症状です。平日はだるいけれど、週末は眠れるし、1日でも寝ていられるという人は、ストレスが原因とも考えられます。仕事のこと、家のこと、子供のこと、両親のこと、悩みはつきません。そういった人が、快眠グッズを利用することで眠れるようになるケースは多数あります。そして、枕を変えてみたり、アロマを利用してみたり、快眠のための音楽を聴いてみたり、リラックスして眠るために努力している人が増えています。

こちらでは、テンピュールの枕やその他の快眠グッズを使った快眠方法を紹介します。朝、起きたときの背中や腰がだるい、肩や首が痛いなどの改善、解消には、こうした快眠寝具の利用が効果的です。目覚めがよくなると気持ちも充実し、やる気がでてきますし、仕事も勉強も集中力がアップします。

テンピュールは、宇宙技術応用の成果が認められ、NASA(米国航空宇宙局)の公式認定を受けているブランドです。テンピュールの枕にはさまざまな種類がありますが、適切な枕を選ぶと、睡眠の質を良くすることに期待できます。自分にぴったり合った枕を選んで、快適に眠りましょう。

  1. テンピュール オリジナルネックピロー
    テンピュールの「オリジナルネックピロー」は、ボリュームのある波形が絶妙のバランスで、理想的な安眠スタイルを生み出します。かための低反発枕です。
  2. テンピュール ミレニアムネックピロー
    テンピュールの「ミレニアムネックピロー」は、より理想的な快適な眠りのためのフォルムを追求して生まれたネックピロー。中央がくぼんだ形で、首や頸椎を正常に保ちます。仰向けに寝ると肩がフィットして快適です。
  3. テンピュール オンブラシオピロー
    テンピュールの「オンブラシオピロー」は、10th記念の限定アイテムで、うつぶせ寝に着目した快眠枕です。うつぶせになって眠る人の呼吸がしやすくて圧迫感が少なく、独特のカーブ形状によって首や背中に負担がかかりにくいよう研究されています。
  4. テンピュール ソナタピロー
    テンピュールの「ソナタピロー」は、三日月型のようにカーブした形が特徴の快眠枕です。仰向けと横向き、どちらの寝姿勢にも対応します。
  5. テンピュール シンフォニーピロー
    テンピュールの「シンフォニーピロー」は、スーパーソフト素材が使用されていて、もっちり、フワフワ、マシュマロのような、質の高い柔らかさを持っています。テンピュール素材独自の体圧分散効果プラス柔らかさを追求した枕です。

シニア世代が不眠になってしまう理由

睡眠不足では体調が優れず、やる気も低下しますが、熟睡後の爽快感は、健康感に満ちた活気につながります。このように、意欲に影響を与える睡眠、その歳に伴う変化について、原因と対処法を述べます。

なぜ歳をとると不眠になってしまうのか

高齢者の睡眠不足は睡眠の質、量、リズムの変化に基づきますが、睡眠の質の変化については深い睡眠時間の短縮、浅い睡眠時間帯が延長することにより、その時間帯に生じる尿意や物音で目が覚めてしまう高齢者の睡眠を妨げます。
夜間頻尿、頻尿、残尿感などの高齢化に伴い必ず多くの人が悩むトイレの悩みについては、ニラの種「すっきり種」の口コミ、使用感、効能・効果一覧

日本人の睡眠は平均7時間前後ですが、高齢者では、6.54時間程度と短いにもかかわらず、8時間の睡眠を確保しようと早く休み、中途で覚醒することが睡眠不足感となります。そのため、昼間の居眠りなど睡眠のリズムが乱れますが、これら睡眠の質、量、リズムの変化を修正するとスマートな睡眠が得られます。

熟睡のためのコツ

うつ病や呼吸障害、運動障害、薬の副作用などの見られない多くの高齢者にとって熟睡するためのコツ、8項目を以下の表にまとめました。

まず、定時に起床した後は、明るい太陽の下で体を動かし、寝床に入る際は、静かな部屋で就寝に集中します。また、昼間は居眠りをするより昼寝をする、夕方以降は睡眠を妨げるコーヒーやたばこを避けます。

ストレスをため込んで寝床に入らない、なども大切です。寝付けない場合は寝酒よりも最小限の量の睡眠薬を服用する方がよいとされています。以上のように生活習慣を改善し、睡眠時間、就寝時刻にこだわりすぎずに、スマートな睡眠を確保します。
定年後の不眠を「快眠ぐっすり酵素」で快眠に

熟睡の8つのポイント
  1. 決まった時間に起床し、明るい陽光を浴びる
  2. 昼間は軽く疲れるほど、適度に体を動かす(運動する)
  3. 昼間は、居眠りの代わりに30分以内の昼寝を
  4. 心地よい温度、そして静かで暗めの部屋で就寝する
  5. 夕方以降にはコーヒーやたばこをやめて寝る
  6. 人間関係のストレスなどを忘れ、心身をリラックスさせる
  7. お酒に頼らずに必要なら最小限の睡眠薬を使用する→こちら
  8. 寝床では、テレビを見たり読書を行わない

シニア世代のための快眠

シニア世代の多くは、最期まで健康で苦しまず「ぽっくり逝く」ことが理想です。「質のよい睡眠」は、健康寿命を延ばす究極の健康法であり欠かせません。今日から早速「眠り方」を変えて、健康体を維持できるようにしましょう。

巷では、健康を保つために「血液をキレイにしましょう」「血行をよくしましょう」といったこと血液に関することが声高に叫ばれています。これを真に受けて、運動などをして血液の流れをよくしようと努力している方もいるかもしれません。

しかし、これは大きな誤解です。激しい運動をして血液の流れを速くしても、健康にはなれません。むしろ体をこわすことになります。体への害になるケースもあります。こうした誤解が生じているのは、「血流」の定義があいまいだからです。世間で言うところの「血流」は、「大動脈の血流」も「毛細血管の血流」も同じものとして捉えており、ここから誤解が生じています。

健康の秘訣は、毛細血管の血流をよくすることです。たしかに心拍数を上げるような激しい運動をすれば、大動脈だけでなく、毛細血管の血流も速くなります。しかし、毛細血管の血流量を上げすぎることは逆効果なのです。
もし心拍数を上げて血流をよくすることで健康になれるのであれば、過度なストレスも健康によいことになってしまいます。

たとえば、会社などで上司に叱られてストレスを感じ、交感神経が優位になって心臓がバクバクいう状態になれば、血流は速くなります。しかし、これはどう考えても、健康には悪影響です。

ジェイムズ・F・フィックスというアメリカ人は、「ジョギング健康法」の生みの親として知られています。体重100キロを超す肥満で苦しんでいたフィックスは、毎朝15キロのランニングを続けた結果、30キロの減量に成功しました。その体験をつづった「奇蹟のランニング」という本は大ベストセラーとなり、ジョギングブームを巻き起こしたほどです。

ところがフィックスが52歳のとき、日課としていたジョギング中に心筋梗塞を起こして、突然死してしまったのです。ジョギングは体調によっては心臓に負担をかけることになり、危険な場合があるということを、彼は自分の命と引き換えに教えてくれたのです。

ほ乳類の心拍数は、一生涯で23億回程度と言われています。つまり、23億回に達する頃が寿命だというわけです。激しい運動をするのは、寿命を縮めることにもなりかねません。
ただし、すべての運動がダメというわけではありません。

静脈に溜まった血液を心臓に戻す骨格筋を鍛える運動や、ウォーキングなどの軽く負担をかける運動は、毛細血管の血流循環を改善してくれます。あくまでも「程度」が重要なのです。軽く負担をかける運動は、静脈に溜まっている血液を押し出して、心拍数を上げることで循環血液量(1分間に流れる血液の量)が増えます。それによって全身の毛細血管の血流量も増えるので、健康になるのです。

しかし激しい運動になると、血液の循環が変わってしまいます。運動するために必要な骨格筋肉への血液供給が最優先になり、骨格筋肉血管の血流量は大幅に増加する一方、その増加分をひねり出すために内臓への血流は減らされてしまいます。

また、心拍数の増加は、大動脈から毛細血管まで全血管の血流スピードを速めることになります。毛細血管の血流スピードが速くなりすぎると、毛細血管壁のすき聞から細胞間に満たされている細胞液に浸み出す暇もなく、また静脈へと回収されてしまいます。
つまり、毛細血管に血液がどんどん流れてきたとしても、肝心な栄養分を細胞へ渡すことなく通り過ぎてしまうことになるのです(これは血液がサラサラになる薬を服用しても同様のことが言えます)。

このようにひと口に運動と言っても、軽い負担の運動と、激しい負荷の運動では健康という観点からは意味がまったく異なるのです。究極の健康法は、「心臓に負担をかけず、毛細血管の血涜を促進させること」になります。

早朝に、ジョギングなどの運動をしている人は多いのではないでしょうか。しかし、朝の運動はおすすめしません。運動をするなら、絶対に夕方がおすすめです。手足の皮膚にある毛細血管は、体温調整の役割を担っています。体の中心部の体温が低い朝は、皮膚からの熟の消失を防いで体温を維持するために、毛細血管への血流が悪くなります。

また朝は自律神経がまだ不安定なので、心筋梗塞を起こす確率がかなり高くなります。特に冬場は、急激な血圧上昇や血管収縮によって、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。心臓の専門家は「早朝のジョギングは自殺行為」とまで言っているほどです。

シニア世代の多くは、勤勉でまじめでストイックにまっすぐに行動を起こす人が多く、間違った認識ではこうした行動が命とりになるケースもあるということです。